全ての人が希望と尊厳をもって
暮らせる社会へ

障害女性

「障害×女性」が生み出す複合差別の解消を目指して

障害女性同士で懇談する様子

女性であり、障害者であることの生きづらさは、2つの差別の単純な足し算ではなく、掛け算のように複雑です。

そのような差別を「複合差別」といいます。個人のプライバシーに触れることが多いため表面化されにくく、実態を示す統計データはほとんどありません。

当事者も周囲も「障害があるから」、「女性だから」仕方がないとあきらめ、社会問題として認識されにくい傾向があります。

障害者権利条約は第 6 条「障害のある女性」を設け、締約国に固有の施策を求めています。

また国連女性差別撤廃委員会は障害のある女性の健康・教育・雇用・公的生活への参加アクセスの制限を懸念し、複合差別の根絶を求めています。

障害のある女性の声を広く社会へ届けるため、DPI 日本会議では常任委員に障害のある女性を積極的に登用しています。現在、常任委員の約 42 %が障害のある女性です。(女性の常任委員を増やしてきた経過については、以下の資料ごご覧ください。)

季刊『DPIわれら自身の声』2015年31-2号 特集「障害女性は今」西村副議長インタビュー(ワード)

DPI障害女性部会ビジョン

「障害女性の視点から、男女をはじめとするジェンダー間の不平等をなくし、多様性が尊重され、複合差別のない社会を実現する」

2030 年までに実現したいビジョン

障害女性の視点で提言し、活動することにより、誰もが差別されることなく安心して暮らせる優生思想のない社会を実現する。

ビジョンの詳細はこちら

障害女性の生きづらさを可視化!

冊子表紙イメージ

2012 年、公益財団法人キリン福祉財団の助成のもと、DPI 日本会議では DPI 女性障害者ネットワークと協力して「障害のある女性の生活の困難―人生の中で出会う複合的な生きにくさとは―複合差別実態調査報告書」を発行しました。

全国の障害女性の声を集め、今まで他の問題に埋もれがちで見えづらかった女性障害者の「生きづらさ」をデータとして可視化することができました。

▽「障害のある女性の生活の困難―人生の中で出会う複合的な生きにくさとは―複合差別実態調査報告書」ご購入はこちら(外部リンク:DPI 女性障害者ネットワークHP)

障害女性の声を国連へ!

ジュネーブでの傍聴活動の様子

2015 年~2016 年、国連女性差別撤廃委員会日本審査にあたり、障害女性の実情を訴えるため、DPI 女性障害者ネットワークとともに派遣団を組織し、ジュネーブへ。

事前に NGO レポートを他の女性団体と協力し提出し、審査期間中は、プライベートミーティングで直接委員に訴えることができ、日本に対する総括所見にも反映されました。

 

▽「国連女性差別撤廃委員会の第7回・8回日本政府報告審査に関するロビー活動障害女性たちがジュネーブへ飛んだ!報告書」ご購入はこちら(外部リンク:DPI女性障害者ネットワークHP)

国内活動とエンパワメント

複合差別実態調査を元に、内閣府障がい者制度改革推進会議及び障害者政策委員会でヒアリングも行なわれ、障害者基本計画や差別解消法の基本方針に一部は反映されました。

障害女性について条例や計画に盛り込む自治体も出てきています。

障害者基本法などに障害女性の複合差別の解消を明記する国内法改正と障害女性のエンパワメントが大きな課題です。

「コロナ禍障害女性の声」をDPI女性障害者ネットワークと連携し収集、報告をまとめました

■集会での報告

▽2020年11月22日「第9回DPI障害者政策討論集会」 障害女性&国際協力分科会

2021年1月25日 世界人権宣言大阪連絡会議「第428回国際人権規約連続学習会」

▽2021年3月9日「JDF総括所見用パラレルレポート報告会」

▽2021年5月30日「第36回DPI日本会議全国集会in東京」障害女性分科会

■誌面での報告

日本福祉のまちづくり学会誌『福祉のまちづくり研究』VOL22、No.3(2020年12
月15日号)

『女性展望』2021年1-2月号(通巻708号、2020年12月24日発行)

『月刊自治研』2021年5月号

オンラインミニ講座「優生保護法裁判と障害者運動」

優生保護法裁判と障害者運動をテーマにしたオンラインミニ講座です。争点や問題点などをわかりやすく解説しています。講師はDPI常任委員の藤原久美子です(手話・字幕付き)。ぜひご覧ください。

■訂正とお詫び
04:04字幕:誤り)佐藤友美さん(仮名)→訂正)佐藤由美さん(仮名)

今年度の活動方針

▽DPI女性障害者ネットワーク(外部リンク)

これまでの活動、関連ニュース

ニュース 2021年12月22日

【ニュース】旧優生保護法で不妊手術強制の市民に支援金、明石市で全国初の条例成立

- ▽旧優生保護法で不妊手術強制の市民に支援金 明石市で条例成立(NHK NEWS WEB) 【記事引用】 明石市議会で旧優生保護法のもと不妊手術などを強制された市民らに支援金を支給する条例案が、賛成多数で可決されました。 ... 続きを読む
2021年12月22日

【ポイントまとめました】「NIPT(出生前遺伝学的検査)に潜む課題とリプロ―それぞれの生き方を認める社会へ―」(DPI政策論「障害女性分科会」報告・感想)

- DPI障害者政策討論集会2日目「障害女性分科会」について、報告を藤原久美子(自立生活センター神戸Beすけっと・DPI常任委員)が、感想を小森淳子さん(岐阜協立大学非常勤講師)が書いてくれましたので、ご紹介します! こんな... 続きを読む
2021年11月29日

1月29日(土)優生思想をほぐす Part3「Zoom みんなで話してみよう がっこうの中の優生思想」(DPI後援イベント)

- 今、出生前検査や着床前検査が急速に拡大しようとしています。 これらは、妊婦らのニーズに応えるためであり、検査を受けるかどうか、検査の結果を受けて妊娠を継続するかどうかは妊婦(カップル)の「自己決定」だと言われています。し... 続きを読む
2021年11月22日

【今週末開催!紹介ビデオ作りました】
11月27日(土)、28日(日)「第10回DPI障害者政策討論集会-Withコロナ時代のインクルーシブな社会へ-」

- Withコロナ時代のインクルーシブな社会へ いよいよ今週末となりました!第10回DPI障害者政策討論集会。 本集会の紹介ビデオを作成しましたので、是非ご覧ください。(5分55秒) お申し込みはこちら オンラインからご参加... 続きを読む
2021年11月09日

11月29日(月)に院内集会:国は旧優生保護法被害者に謝罪と補償を!(主催:強制不妊訴訟不当判決にともに立ち向かうプロジェクト)署名提出と院内集会

- 日時: 11月29日(月)11時30分~13時 概要 東北大学学生による団体「強制不妊訴訟不当判決にともに立ち向かうプロジェクト」(以下、プロジェクト)と、優生手術被害者とともに歩むみやぎの会(以下、歩むみやぎの会)が2... 続きを読む

障害女性の記事一覧はこちら

現在位置:ホーム > 私たちの活動 > 障害女性

バナー広告


ページトップへ