障害のある人もない人も同じように暮らせる社会へ

私たちの活動

DPI 日本会議は、障害者を取り巻くあらゆる問題に取り組んでいます。

内容は多岐に渡りますが、いずれの分野にも、障害当事者が主体的・能動的に関与することで、
障害者権利条約の完全実施や、インクルーシブな社会を目指しています。

「障害の有無によって分け隔てられない社会」

「すべての人の命と尊厳が尊重される社会」

「障害のある人もない人と同じように暮らせる社会へ」

というビジョンを実現するため、私たちは活動をさらに展開してまいります。

活動分野

1年間の活動方針はこちら

要望・声明・提言一覧はこちら

SDGsに対する取組みはこちら

活動の新着情報

2020年08月06日 障害者文化芸術

「みんなで楽しもう!映画上映文化祭」 精神障害当事者会ポルケの皆さんにお話を伺ってきました

- 2018年度から3年間、DPIではどんな障害を持っていても楽しめる「バリアフリー映画上映会」を企画検討し、開催してきました。(キリン福祉財団助成事業 インクルーシブまるごと実現プロジェクト) 今年度も「みんなで楽しもう!... 続きを読む
2020年08月05日 バリアフリー

8月3日(月)第2回「新幹線実証実験」報告

- 8月3日(月)に2回目の新幹線実証実験を行いました。新型コロナウィルス感染防止策として、三密を避けるために参加者を2回に分けて行ったものです。前回は4席レイアウトでしたが、今回はJR東海様のご協力で6席レイアウトの検証を... 続きを読む

▽新着情報一覧はこちら

実施中のプロジェクト

終了したプロジェクト

活動を支援する

現在位置:ホーム > 私たちの活動

ページトップへ