全ての人が希望と尊厳をもって
暮らせる社会へ

English FacebookTwitter

私たちの活動

nothing about us without us

DPI 日本会議は、障害者を取り巻くあらゆる問題に取り組んでいます。

内容は多岐に渡りますが、いずれの分野にも、障害当事者が主体的・能動的に関与することで、
障害者権利条約の完全実施や、インクルーシブな社会を目指しています。

「障害の有無によって分け隔てられない社会」

「すべての人の命と尊厳が尊重される社会」

「障害のある人もない人と同じように暮らせる社会へ」

というビジョンを実現するため、私たちは活動をさらに展開してまいります。

活動分野

1年間の活動方針はこちら

要望・声明・提言一覧はこちら

総括所見分析と行動計画はこちら

SDGsに対する取組みはこちら

活動の新着情報

2024年05月29日 要望・声明バリアフリー

斎藤国土交通大臣に要望を行いました!客席のサイトラインの確保、高速バスのバリアフリー化、バリアフリー法の見直し

- 写真:左から赤羽一嘉顧問(前国土交通大臣、衆議院議員)、DPI佐藤(事務局長)、斉藤鉄夫国土交通大臣、DPI白井(事務局次長)、石川ひろたか座長(参議院議員) 5月28日に斉藤鉄夫国土交通大臣にお会いし、バリアフリーの要... 続きを読む
黒塗りの文書 2024年05月27日 権利擁護

【報告】京都新聞による滋賀県に対する優生保護法被害者の情報公開請求訴訟 大阪高裁控訴審判決について

- △写真提供:京都新聞 優生保護法下の強制不妊手術にかかわる公文書の公開を求めて京都新聞が提訴した大阪高裁控訴審判決が5月9日(木)にありました。 この裁判は、京都新聞社が滋賀県に情報開示を求めた強制不妊手術にかかわる公文... 続きを読む

▽新着情報一覧はこちら

終了したプロジェクト

私たちの活動へご支援をお願いします

賛助会員募集中です!

現在位置:ホーム > 私たちの活動

バナー広告


ページトップへ