全ての人が希望と尊厳をもって
暮らせる社会へ

地域生活

「他の者との平等」の視点から~障害者の地域生活の充実を目指して~

地域生活の写真

地域生活部会では障害者権利条約(以下、権利条約)の視点から、この国の障害者の地域生活に関わる制度・政策の向上に向けて取り組んでいます。

とりわけ権利条約の19条「自立した生活及び地域社会への包容」は、「障害者を保護の客体から、障害のない人と平等な権利の主体」へと社会全体の価値観を変えていくための基礎となる条項と言われおり「脱施設化条項」「自立生活条項」とも言われています。

本部会では、この19条の具現化を目指し、毎年DPI全国集会や政策討論集会などで分科会を開催し、障害当事者や専門家、行政職員などを迎えて幅広く議論を行っています。

法制度としては主に障害者総合支援法に関する課題に取り組んでおり、近年の具体的成果としては、「重度訪問介護の対象拡大(利用対象者を重度の肢体不自由者のみから、知的・精神障害者まで拡大及び入院中の利用可)」があります。

他にも、「制度の谷間」にいる難病や難治性疾患が対象に含まれるよう障害者の定義の改正や自由に外出できるように外出の目的や範囲の過剰な規制を緩和するよう働きかけをしています。

DPI地域生活部会ビジョン

「脱施設及び社会的入院解消を進め、どのような障害があっても、どんなに障害が重くても、必要な支援を得て、障害のない人と平等に地域で共に暮らせるインクルーシブな社会を創る」

2030 年までに実現したいビジョン

◎2030年までに実現したいビジョン
制度の谷間を解消し、障害の程度や種別にかかわらず、すべての障害者が地域で自立した生活を送る権利の保障と、その実現のための脱施設の制度化およびパーソナルアシスタンスを含む個別生活支援の制度を確立する。

ビジョンの詳細はこちら

障害種別を超えた地域生活の確立に向けて~

DPI障害者政策討論集会の写真

DPI日本会議は障害種別を超えた当事者運動を掲げて日々活動しています。

権利条約の理念に基づき、どんな障害をもっていても住み慣れた地域で暮らすことができるよう、身体、知的、精神、発達障害、難病・慢性疾患などあらゆる障害者の個別具体的な課題についても、当事者の声をもとに行政交渉や各種審議会や政党のヒアリングなどの機会を通じて政策提言を行っています。

また、緊急性の高い課題については、他団体との連携や協働も図りながら、シンポジウムや院内集会などのイベントを開催し、関係者や広く一般市民を含めて問題提起を行っています。

障害者総合支援法プロジェクトチーム結成
~より良い制度設計のために~

今後、障害者総合支援法は介護保険の動向と併せて社会保障制度改革の大きな流れの影響を受けることは必至です。

その際、制度の後退・改悪を防ぐのは権利条約に立ち返ることと当事者参加です。そこで、DPI日本会議では地域生活部会を中心に2015年度、「障害者総合支援法モデルチェンジデザインプロジェクト」を立ち上げ、総合支援法の次の見直しに備え、隔月ペースで課題のテーマ別に勉強会を開催し、今後は提言をまとめていきます。具体的には以下の目標を掲げています。

  • 1.重度訪問介護のより一層の対象拡大
  • 2.重度訪問介護のシームレス化
  • 3.必要なものは引き続き検討を義務づける
  • 4.介護保険法との統合を前提とした議論に持ち込ませない

※また、地域生活分科会は若手メンバーも活発に部会運営・企画を行っています。

2019/1/19(土)「障害者総合支援法/何をまもり・何をかえるのか?」 タウンミーティングin関西 報告

今年度の活動方針

関連書籍

これまでの活動、関連ニュース

2021年07月26日

「相模原障害者殺傷事件」から5年を迎えてのDPI日本会議声明

- 2021年7月26日 「相模原障害者殺傷事件」から5年を迎えてのDPI日本会議声明 特定非営利活動法人DPI(障害者インターナショナル)日本会議 議長 平野みどり 私たちDPI(障害者インターナショナル)日本会議は全国9... 続きを読む
2021年07月20日

相模原障害者殺傷事件(津久井やまゆり園事件)から5年。
コロナ禍により大規模集会の開催はありませんが、各地での追悼企画をご紹介します。

- 今年は相模原障害者殺傷事件(津久井やまゆり園事件)から5年の年です。 毎年この時期に神奈川の団体が中心となって「ともに生きる社会を考える神奈川集会」を開催し、DPIとJILは共に呼びかけ団体として参加してきました。 昨年... 続きを読む
2021年07月12日

介助動画を利用した研修を実施しました!(自立生活センターおおいた報告、withコロナ時代のオンライン地域移行支援制度モデル構築事業)

- 日本財団からの助成による「withコロナ時代のオンライン地域移行支援制度モデル構築事業」では、協力団体である京都の「日本自立生活センター(JCIL)」と大分の「自立支援センターおおいた」がオンラインツールを活用して病院か... 続きを読む
2021年06月30日

7月15日(木)曽田夏記講演会「私が障害者運動に出会うまで これまでのこと・今感じていること」
(DPI加盟団体 CIL星空主催、DPI後援イベント)

- DPI日本会議特別常任委員の曽田夏記さんの講演会です。定員100名となりますので、お申し込みは早めにお願いします。 イベント趣旨 自立生活運動の母と呼ばれるジュディ・ヒューマン氏の自伝【わたしが人間であるためにー障害者の... 続きを読む
2021年06月29日

「重度障害者の雇用に必要な通勤及び勤務中の支援制度を考える」(5月30日(日)DPI全国集会in東京 地域生活、雇用労働合同分科会報告)

- 5月30日(日)第36回DPI全国集会in東京で開催した地域生活、雇用労働合同分科会についてDPI常任委員でCILふちゅうの岡本直樹からの報告と、参加者である日本自立生活センターの岡山祐美さんに感想を書いて頂きました。 ... 続きを読む

地域生活の記事一覧はこちら

現在位置:ホーム > 私たちの活動 > 地域生活

バナー広告

株式会社土屋
広告主募集中

ページトップへ