全ての人が希望と尊厳をもって
暮らせる社会へ

尊厳生

すべての人の命と尊厳が尊重される社会へ

スーパーで買い物をする当事者と介助者

▲沖縄県石垣市に暮らす金城太亮さん(左)、ヘルパーと一緒に買い物中(吉田敬三 撮影、2017 年 4 月「What a wonderful world~呼吸器を付けて街に出よう~」展より)

電車に乗る当事者と介助者

▲東京都北区に暮らす小田政利さん、ヘルパーと一緒に電車通勤中。(吉田敬三 撮影、2017 年 4 月「What a wonderful world~呼吸器を付けて街に出よう~」展より)

ケア会議中の様子

▲東京で必要な医療と介助を受けて地域で生活している日永さん。地域の自立生活センターにてケア会議中


DPI 日本会議は、命の選別につながる法律の制定に向けた動向に反対し、重度の障害や疾患がある人たち、また意思表明が難しい人たちが、医療や介助・見守りなど必要な支援を得て、地域で暮らしていけるよう施策への働きかけを続けています。

DPI尊厳生部会ビジョン

優生思想を克服し、命の選別を受けることなく、どのような障害があっても、どんなに障害が重くても地域で暮らせる仕組みづくりを通じて、本人や家族が自ら死を選ぶことなく生きていきたいと思える社会を創る。

安楽死・尊厳死法制化をめぐるこれまでの経緯と取り組み

★は DPI 日本会議が関与した集会・学習会等

  • 2020年04月13日 新型コロナウィルス対策における障害のある者への人権保障に関する要望を発表
  • 2020年 7月 16日 ★学習会「新型コロナウイルスと『命の選別』」(東京都自立生活センタ-協議会(TIL)との共催)
  • 2019年03月22日 公立福生病院(東京都福生市)の人工透析治療の中止に関する声明を発表
  • 2019 年 2 月 10 日 ★DPI 日本会議常任委員会「尊厳死」に関する学習会
  • 2018 年 11 月 28 日 ★緊急集会開催「安楽死・尊厳死の問題点と介助者確保について」
    (全国脊髄損傷者連合会、ALS/MND サポートセンターさくら会、DPI 日本会議・尊厳生部会、全国自立生活センター協議会、全国頸髄損傷者連絡会共催)
  • 2018 年 11 月 18 日 臓器移植法を問い直す市民ネットワーク等共催「和田心臓移植から 50 年 加速されるいのちの切り捨て」集会
  • 2018 年 6 月 2 日 ★DPI 日本会議全国集会 in 神奈川 分科会:尊厳生「厚生労働省「終末期医療の決定プロセスに関するガイドライン」をめぐって~終末期医療に関する国の考えを学び、備える~」 開催
  • 2016 年 12 月 17 日常任委員会において旧・生命倫理部会から尊厳生部会へ名称変更
  • 2016 年 12 月 11 日 ★DPI 障害者政策討論集会 分科会:生命倫理「命をめぐる闘い:生きていくための施策をどう勝ち取っていくか」開催
  • 2014 年 5 月 22 日 ★尊厳死法制化に反対する会(DPI 日本会議も参加)が「尊厳死」法制化を考える院内集会~海外の動向から日本の法制化議論を見る~」を開催
  • 2012 年 日弁連が「患者の権利に関する法律大綱案の提言」発表
  • 2012 年 3 月 尊厳死法制化を考える議員連盟が「終末期の医療における患者の意思の尊重に関する法律案(仮称)」を発表;尊厳死の法制化を認めない市民の会発足
  • 2009 年 7 月「臓器移植法」が改正される(本人の意思が不明な場合は家族の承諾で臓器提供が可能に、15 歳未満の脳死臓器提供も可能に)
  • 2009 年 6 月 30 日 ★DPI 日本会議、臓器移植法「改正」に反対し、参議院での慎重審議を求める緊急声明を発表
  • 2009 年 5 月 28 日 ★DPI 日本会議、臓器移植法「改正」に反対する緊急声明を発表
  • 2007 年 日弁連が「『臨死状態における延命措置の中止等に関する法律案要綱(案)』に関する意見書」を発表
  • 2006 年 ★『DPI われら自身の声』22-2 号発行(特集:障害者の「生」と「尊厳死」――尊厳死って何?)発行(横田弘・三澤了(対談)「障害者は当たり前に生きていってはいけないのかという、それだけですよ。」収録)
  • 2005 年 尊厳死法制化を考える議員連盟発足
  • 1997 年 「臓器移植法」施行
  • 1976 年 安楽死協会設立(1983 年に日本尊厳死協会に名称変更)

今年度の活動方針

資料一覧

1.2018 年 11 月 28 日開催 緊急集会「安楽死・尊厳死の問題点と介助者確保について」の開催報告書はこちら(PDF)

2.2006年発行の季刊誌「DPI」(現在は無期限休刊)に収録した特集記事
▽「障害者の「生」と「尊厳死」――尊厳死って?<横田弘・三澤了 対談>(PDF)(テキスト版)
「障害者は当たり前に生きていってはいけないのかという、それだけですよ。」

関連書籍

関連資料リンク

これまでの活動、関連ニュース

2021年12月10日

「安楽死・尊厳死・嘱託殺人・医療中止・トリアージ」について考える本の紹介+12月12日(日)オンラインイベントご案内

- 2020年以降、新型コロナ感染症の蔓延により医療情報などが常に変化する中で、緊急時の治療の優先順位を決めるトリアージについて、国内外の動きが報告されました。 過去には「安楽死」や「尊厳死」に関する法案を導入しようとする動... 続きを読む
2020年04月13日

新型コロナウィルス対策における障害のある者への人権保障に関する要望

- 新型コロナウィルス感染症について、人工呼吸器や医療従事者の不足が深刻化し、諸外国で起き始めている『命の選別』について、内閣総理大臣宛に他団体と連名で「新型コロナウィルス対策における障害のある者への人権保障に関する要望」を... 続きを読む
2019年06月26日

日本自立生活センターが『NHK スペシャル「彼女は安楽死を選んだ」における幇助自殺報道の問題点』についての声明を発表しました

- DPI日本会議の加盟団体である日本自立生活センター(JCIL)は、2019年6月2日(日)に放送されたNHKスペシャル「彼女は安楽死を選んだ」を観て、亡くなる瞬間までを放送することの是非、またこうした形で亡くなることを助... 続きを読む
2019年03月22日

公立福生病院(東京都福生市)の「人工透析治療の中止」に関する声明を発表しました

- 2019年3月22日 特定非営利活動法人DPI(障害者インターナショナル)日本会議 議長 平野みどり   公立福生病院(東京都福生市)の人工透析治療の中止に関する声明  私たちDPI日本会議は、国際障害者運動ネ... 続きを読む
2019年02月22日

2月10日(日)「尊厳死」に関する学習会報告
Live on. (生き続けて)

- 「尊厳死」をめぐる動き 「だんだん生きる道が細くなって、タイトロープ(細い綱の上)にいるような気がしています。どうぞみなさん一緒に考えていってください。」 学習会の最後、岡部さん(DPI常任委員・日本ALS協会理事)が述... 続きを読む

尊厳生の記事一覧はこちら

現在位置:ホーム > 私たちの活動 > 尊厳生

バナー広告


ページトップへ