全ての人が希望と尊厳をもって
暮らせる社会へ

【傍聴支援のお願い】措置入院裁判 第5回口頭弁論
(2021年1月27日(水)10:00~東京地方裁判所)

2020年12月25日 地域生活権利擁護

 いつも応援をありがとうございます。10月より延期になっていた第5回口頭弁論の期日が決まりました。

 この訴訟では

など、ずさんで不当な行為によって被った損害の賠償を求めています。

 前回Aさんは、カルテに照らし合わせて、被告(東京都)の主張がいかに非合理的であるか、1つ1つ丁寧に主張しました。今回はそれに対する被告の反論を確認します。引き続き、支援の傍聴をお願いいたします!


■日時:第5回口頭弁論 2021年1月27日(水) 10時00分
■場所:東京地方裁判所709号法廷(〒100-8920 東京都千代田区霞が関1丁目1−4)
■原告代理人 佐々木信夫 弁護士


~Aさんからメッセージ~

ずさんで不法な措置入院を受け入れることは、私の人格が社会的に不当に抹殺され、人生をも不当に破壊されてしまうことを、受け入れてしまうことになります。

そのようなことは、断じてできません。

本件措置により多大なダメージを受け、くじけそうになることや、それこそ発狂させられそうになることが、これでもかというほどありました。

しかし、私は必ず、不法で不当な本件をまっとうに解決し、本当の私自身という一人間として復権します。皆様、ご支援のほど、どうかよろしくお願いいたします。


東京地方裁判所では「入口で手指の消毒」、「エレベータ乗車人数の制限」、「傍聴席は間隔をあける」などのコロナウイルス感染防止策が行われています。以下、裁判所のお知らせです。

▽東京地方裁判所をご利用されるみなさまへ(新型コロナウイルス感染症対策関連)

以上、どうぞよろしくお願いいたします。

【報告とご案内】措置入院裁判 第4回口頭弁論ご報告、第5回のお知らせ

私たちの活動へご支援をお願いします

賛助会員募集中です!

LINEで送る
Pocket

現在位置:ホーム > 新着情報 > 【傍聴支援のお願い】措置入院裁判 第5回口頭弁論(2021年1月27日(水)10:00~東京地方裁判所)

ページトップへ