障害のある人もない人も同じように暮らせる社会へ

【傍聴ご支援のお願い】
1/29(水)10:00~措置入院訴訟へご支援を!

2020年01月10日 地域生活権利擁護

2014年4月、都内で緊急措置入院となったAさんは、この決定・入院は、病院と医師の故意・過失による不法行為が行われたとして、措置入院の権限をもつ東京都を相手に2019年7月に提訴、11月13日、東京地方裁判所で第1回口頭弁論が開かれました。

以前、Aさんは措置入院を決定した病院へカルテ開示を請求して一部非開示になり2016年に提訴、翌年5月の勝利判決でカルテを確認しました。これが起点となり、この度の提訴にいたりました。カルテ開示の訴訟でも多大なご支援、ご協力をいただきありがとうございました。

この度の訴訟では
●病院による誤診であること
●本来なら決定する時に渡されるはずの措置入院決定の通知を後から渡されたこと
●承諾もなく抗精神病薬を注射したこと
●意識のない状態で身体を拘束したこと
●診察で医師へ訴えた被害関係は実在するにも関わらずろくに話もきかず緊急措置入院を決定したこと
など、ずさんで不当な行為によって被った損害の賠償を求めています。

次回はAさんの主張に対する被告(都)の反論と、それに対する原告Aさんの意見を出し合います。ぜひ支援の傍聴をお願いいたします!

裁判日時

2020年1月29日(水)10:00 東京地方裁判所708号法廷
原告代理人 佐々木信夫 弁護士
東京地方裁判所(〒100-8920 東京都千代田区霞が関1丁目1−4)

~ Aさんからメッセージ ~

ずさんで不法な措置入院を受け入れることは、私の人格が社会的に不当に抹殺され、人生をも不当に破壊されてしまうことを、受け入れてしまうことになります。
そのようなことは、断じてできません。
本件措置により多大なダメージを受け、くじけそうになることや、それこそ発狂させられそうになることが、これでもかというほどありました。
しかし、私は必ず、不法で不当な本件をまっとうに解決し、本当の私自身という一人間として復権します。皆様、ご支援のほど、どうかよろしくお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

現在位置:ホーム > 新着情報 > 【傍聴ご支援のお願い】1/29(水)10:00~措置入院訴訟へご支援を!

ページトップへ