全ての人が希望と尊厳をもって
暮らせる社会へ

6月14日(月)障害者権利条約 締約国会議サイドイベント「新型コロナウイルスとメディカルモデルの来復―グローバルな自立生活運動の呼びかけ」

2021年06月09日 国際協力/海外活動

WINのロゴ

ECILのロゴ RELAVINのロゴ NCILのロゴ Canadaのロゴ マイルストーンのロゴ JILのロゴ

 

DPIの佐藤事務局長が関わっている世界の自立生活センターのネットワークであるWIN(Global Independent Living Center Network)が、国連の締約国会議でサイドイベントをやります。日本時間は6月14日(月)23:00-24:15です。

世界のILセンターのリーダーが登場します。韓国はパク・チャノ(元ダスキン研修生)、パキスタンからはシャフィック(元ダスキン研修生)、コスタリカはウエンディ、日本からはJCILの大藪くん(元ダスキン研修生)、ヨーロッパ、カナダ、アメリカはNCIL代表のサラとジュディ・ヒューマンも出ますよ。オールスターです。

ぜひ、みなさん登録して聞いて下さい。一応日本語字幕が付く予定ですが、どのくらい正確かは怪しいので、大きな心で見守ってやって下さい。

このサイドイベントでは、新型コロナウイルスのパンデミックを通して世界的に懸念されている事項に注目します。障害者をより弱者と見なし、メディカルモデルに少しずつ戻ってきている傾向について。各国がパンデミックに対応し、リカバリーの過程に入ろうとしている今、権利条約第19条の実施に向けて進むことが重要で、隔離とチャリティーに戻されることを阻止しなければならなりません。

自立生活運動は障害者が施設から出て、介助者を使いながら自分の思うように自分の家に住むことができるようになるために、重要な役割を担ってきました。

このサイドイベントの目的はコロナからのリカバリーに世界的にどのように連帯し共に働けるか、グッドプラクティス(好事例)を共有しながら後戻りすることを阻止することです。

日時:   2021年6月14日(月)23:00~24:1514 June @ 10:00 to 11:15 EST (New York time)

申し込み登録はこちら

※申し込みをいただいた方にサイドイベントのZOOMリンクが送られます。

情報アクセス: 国際手話、 字幕(英語・フランス語・スペイン語・日本語)

内容

プログラム

10:00 – 10:05   挨拶 & 紹介 – (Nadia Hadad, ENIL) (5 mins)

10:05 – 10:08   WINについて (Sarah Launderville, NCIL, USA) (3mins)

10:08 – 10:28   WINメンバーより (20 mins – 6 speakers/3 mins each)

“それぞれの地域において【自立生活】の理解がコロナによってどのような影響を受けたか?

10:28 – 10:48

10:48 – 10:10   ディスカッション (モデレーター:Nadia Hadad, ENIL)

10:10 – 10:15   WINメンバーによる声明文


▽チラシはこちらからダウンロードください(PDF)。 ワード版はこちら。

▽English version(Word)


私たちの活動へご支援をお願いします

賛助会員募集中です!

LINEで送る
Pocket

現在位置:ホーム > 新着情報 > 6月14日(月)障害者権利条約 締約国会議サイドイベント「新型コロナウイルスとメディカルモデルの来復―グローバルな自立生活運動の呼びかけ」

ページトップへ