障害のある人もない人も同じように暮らせる社会へ

2月26日(水)JICA草の根事業完了報告会
~南アフリカでの障害者のアクセシビリティ向上を目指して~

2020年01月30日 イベント国際協力/海外活動

2月26日(水)にDPI日本会議が、南アフリカで3年半にわたり実施してきた草の根技術協力事業の完了報告会を開催します。

南アフリカでは福祉制度としての介助者派遣サービスがなく、重度障害者の多くが施設や家族のもとで生活していたため、自己決定による自立した生活や社会参加が困難な状況でした。

この改善のため、2013年から2016年に、ヒューマンケア協会が実施した「障害者地域自立生活センター設立に向けた人材育成」プロジェクトにより、障害当事者の運営する自立生活センター2か所が設立され、ピアカウンセリング、介助派遣を通じて障害者の自立生活の概念が広がりました。

自立生活センターソウェト

写真:自立生活センターソウェト

レメロス自立生活センター

写真:レメロス自立生活センター

活動の様子

写真:活動の様子

一方で、障害者の自立、社会参加を阻害するものとして、住宅や地域、公共交通等のアクセシビリティが整っていないという新たな問題が明らかになりました。

このような背景と障害当事者のニーズに基づき、上記2か所の自立生活センターを中心とし、住宅・公共建築、移動・交通におけるアクセシブルな環境を構築するため、アクセシビリティ・アドバイザー育成と福祉移送サービスを提供するためのモデル作りを行うプロジェクトがDPI日本会議によって2016年9月から実施され、2020年2月に完了を迎えます。

日本から取り寄せたリフト付ミニバン日本から取り寄せたリフト付ミニバン
写真:日本から取り寄せたリフト付ミニバン

ニーズが高いにも関わらず、行政による実施が進んでいなかった分野での活動に対し、障害当事者とその家族からの評価は高く、行政からの関心を集めました。現地での活動の様子に興味がある方は、ぜひ奮ってご参加ください。

日時:2020年2月26日(水)16時00分 から 18時00分

場所:JICA東京センター 別館セミナールームCD

( 東京都 渋谷区西原2-49-5JICA東京センター)

・京王新線 幡ヶ谷駅下車(南口出口)徒歩8分
・地下鉄千代田線・小田急線 代々木上原駅下車(北口1出口)徒歩12分

情報保障:手話通訳、要約筆記あり

参加費:無料

定員:30名

参加申し込み方法

2月25日(火)までに、メールにお名前、所属、E-mailを記入のうえ、件名を「2月26日 DPI日本会議 報告会参加申込」として、 下記のアドレスに送信してください。なお、手話通訳、要約筆記による情報保障を必要とされる方は、優先席をご用意しますので、その旨記載ください。

●メールアドレス:Hattori.Masayuki.2@jica.go.jp
(JICA東京センター市民参加協力第二課 服部将之)

お問い合わせ先

JICA東京(東京センター)市民参加協力第二課
担当者氏名 服部 将之
電話番号 03-3485-7044
E-mailアドレス hattori.masayuki.2@jica.go.jp

 

LINEで送る
Pocket

現在位置:ホーム > 新着情報 > 2月26日(水)JICA草の根事業完了報告会~南アフリカでの障害者のアクセシビリティ向上を目指して~

ページトップへ